Plugin
NEW ENTRY

--/--/--
--:--/--

スポンサー広告
CM(-)
TB(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/11/04
21:49/Wed

日記
CM(1)
TB(0)
何か書きますか。

いやー。終わった。うん。疲れたね。

何がすごかったかって、「オイル」をやったことだね。奇跡だよ。伝説だよ。偉業だよ。文化祭で「オイル」をやりきるなんてね。ぶっちゃけ、クラス全体の頑張りや演出班の頑張りが及第点に達していたとは思えないけどそれ以上にこの事実がすごいこと。

ここの読者もそれ以外も見てない人が大多数だと思うけど、見てた人にはわかるはず。そんな簡単な話じゃない。そして見てない人はDVDで見るべき。

まぁ賞から漏れるのは想定内だったけどね、でも成功したと思ってるよ。来年はどうなる事やら。

あとは一応初デコ責だったしね。デコ責はやっぱり面白い仕事だった。来年もできればやりたいね。そして役者にもおんなじことが言える。役者としてチョイであっても舞台に出ることで責任と実感が持てる。

将棋にはあんまり顔を出さなかったことについてはごめんなさい。あきおさんはほんとにすごいなぁ。

以下、真剣に反省(愚痴?)
納得がいかなかったことを列挙していきます。

・練習の質が低すぎる。
 →演出班が多すぎる。
  →全員そろわない。
 →そもそも根本的に自分勝手な奴が多すぎる。特に数人はかなりやってられなかった。
 →集中力がなさすぎる。
 →文化祭の時はいつもこれだけど、演出班の面々とはビジネスライク的な関係が強いw
 →俺とおっくんの意見がぶつかったときの空気の冷えようw
 →新型インフルエンザにかかった人が多すぎる。(俺は命かけて対策したよw)

・道具の質も…
 →演出に人員を振り分けすぎて、高入主体の大道具班は確かに厳しかった。
 →大道具マスターのあの方が「不器用すぎる」っていいまくって製作物のレベルを下げた。
 →班長に誰も立候補しないって…。
 →台の設計が遅れた。(まぁこれは俺のせい)

てか、要はさ、せっかく放任主義やりたい人がやって的仕事の分配をしてるんだから、もうちょっと積極的であることを期待してたわけ。初めての人は、来年は九月くらいから本気になってください。そういうものです。

だって大道具も当日のいろいろな仕事もシフトせずに終わらせたんだから。画期的だろ?

こういう考え方って有志の集まった小団体でしか通用しないのかなぁ。全員にやる気と自意識があれば一番いい仕事方式だと信じてるわけだが。
スポンサーサイト

white
2009.11.05 (09:38) xx URL xx EDIT
一応言い訳っぽく言っておくと、

数量・時間・クオリティ・速度・モチベ

の天秤は意外と難しい。

最後二週間は期待以上の速度で
作業進んだから、もちっと重くても
大丈夫だったかなとは思ってるが。


トラックバックURL
→http://fajan.blog86.fc2.com/tb.php/253-501d6012












xxINFOMATIONxx
  • RSS

  • Copyright © 投了形 All Rights Reserved. Template by RESIST. Powered by FC2 Blog
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。